洗ったカーテンのしわ

カーテンを洗ってよく脱水したらそのままカーテンレールに吊るしてしまいましょう。大きなカーテンを干す場所に困ったり、アイロンかけに苦労したりすることがあります。吊るしておくうちに布地が自然にのびて、アイロンをかける手間も省けますね。

靴下のたたみ方

靴下を2枚重ねて3つ折にします。そして下になった方の口をクルッとひっくり返すように包み込んでしまいます。靴下はバラバラにならないようにたたんでおきましょう。四角くまとまるので引き出しに縦に並べてきちんと整理できひと目で選べますよ。朝の急いでいるときに靴下の片方がナカナカ見つからずにイライラせずにすみますね。

ネクタイの汚れを落とすには・・・

ネクタイの下にタオルを敷き、中性洗剤を溶かした液をガーゼに含ませて軽くたたきます。汚れが下のタオルに逃げて行きますから、あとは水で同じようにたたいておけば、薄い汚れはきれいに取れます。それでも落ちないガンコなしみの部分はベンジンでたたいてみましょう。

そして、仕上げにアイロンをかけるときは新聞紙のようなものを丸めてネクタイの中に差し込んで手で持ってアイロンを軽く滑らせる程度にあてると、縁の部分がつぶれることはありません。あて布は霧吹きを忘れないでね。

枕もたまには干して欲しいよ。

100円ショップに大物洗濯ネットが売ってます。これに枕をスッポリいれて物干しに下げて置くと風通しが良く邪魔にもなりません。布団は小まめに日光干ししても、案外なおざりにされがちななのが枕です。湿気を吸い込んでますから忘れずに日光干しをしましょうね。

早乾き!タオルの干し方は・・

縁を上にして干します。三つ巻になっている縁の部分が乾きにくいので縁を下にしないで上向きにピンチで留めましょう。縁を下にすると水分がたまって余計に乾きが悪くなります。これで乾きにくい時も洗濯物を早く乾かすことができます。ちょっとした洗濯の知恵ですね。

当然!洗剤が空になったら・・・

すぐに捨てないで、もう1回分洗濯が出来ます。もう空になった洗剤の箱の内側にわずかな粉が残っていたら捨てる前に水を入れて、中を洗い流すつもりでよく振ります。ソックスやハンカチ程度の小物なら十分洗えます。洗剤などの物価が少しずつ上がってきました、覚えていても良い知恵ですね。

型崩れしないニット洗い!

縮む心配のない古いシーツなどの白い木綿の布を準備します。大きさはセーター1枚がのる位が良いでしょう。布の上に広げて周囲を粗く縫い付けて置くのです。こうして布をつけたままぬるま湯で押し洗いしすすぎます。乾すときもこのまま竿に掛け陰干しします。平干しするのと同じ効果があります。自分で編んだざっくりとしたニットのセーターなどもこうして洗えば型崩れせずうまくいきますね。

恐い!洗剤の相性・・・

塩素系の漂白剤やクレンザーと、トイレやお風呂に使う酸性洗剤は絶対に混ぜてはいけません!有毒の塩素ガスが発生します。また換気扇用のアルカリ洗剤と先ほどの酸性洗剤は混ぜると中和されて効果がなくなります。洗剤は化学薬品ですからむやみに混ぜ合わせるのは厳禁です。年末にかけてお掃除の機会が多くなります。気をつけてお掃除しましょうね。

洗濯物のガンコな汚れは・・・

Yシャツの衿や靴下などのひどい汚れはしばらく洗濯液につけてから洗います。ジーンズは濃い目の塩に水に1日位つけて置くと色落ちしません。ガンコな汚れは住宅用洗剤であらかじめ洗ってもう一度洗うとサッパリと落とせます。お風呂の残り湯は冬場でも朝の温度が20度位ありますから再利用すると冷たい水であらうより良く落ちますね。

アイロン光りは酢で取る!

酢を2倍位に薄めて布に含ませて光っているところをふきます。それからもう一度アイロン掛けすると光りが目立たなくなります。ていねいにかけたつもりのアイロン掛けの光りの原因はアイロンの温度が高すぎたりすると出来てしまいます。低めでゆっくり掛けるのがコツです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。